Japan futures industry news and the world

フューチャーズトリビューンは1970年創刊の先物業界新聞です

【Latest News 10】

【主要経済指標・会見カレンダー】

(2024年7月19日~26日)

[19日(金)]
  • 15:00 英小売売上高 (イギリス)
[22日(月)]
  • 24:00 米農務省週間輸出検証高 (アメリカ)
[23日(火)]
  • 特になし
[24日(水)]
  • 23:00 カナダ政策金利発表 (カナダ)
  • 23:00 米新築住宅販売件数 (アメリカ)
  • 23:30 米EIA週間石油在庫統計 (アメリカ)
[25日(木)]
  • 21:30 米農務省週間輸出成約高 (アメリカ)
  • 21:30 米2024年第2四半期GDP速報(アメリカ)
  • 21:30 米耐久財受注 (アメリカ)
[26日(金)]
  • 21:30 米個人所得・支出 (アメリカ)
  • 23:00 米ミシガン大学消費者信頼感指数確報値 (アメリカ)

セミナーイベント情報









Japan futures industry news and the world

これでいいのか!Futures Tribune's view

家計現金・預金1,127兆円、いかに投資につなげるか

2024-06-07

「貯蓄から投資へ」のスローガンが叫ばれて長い。小泉純一郎首相の頃から言われているから、2000 年代初頭あたりからだろうか。だがもとを辿れば戦後、…

全米販の2040ビジョン、市場育成に「先物」なく

2024-05-15

全国米穀販売事業共済協同組合(全米販)が策定した「米穀流通2040ビジョン」は、その名のとおり米穀をめぐる生産・流通・消費の2040年版シミュレーションである。…

JPXが中経アップデート、デリバ政策に注力を

2024-05-09

日本取引所グループは30日、2024年(令和6)3月期(=2023年度:2023年4月1日~2024年3月31日)における決算概要を発表した。それによると決算(国際会計基準=IFAS)は…

大阪堂島

コメ先物、廃止する正当な理由があったのか?

農林水産省は2021年8月6日、大阪堂島商品取引所(現・堂島取引所)が認可申請していたコメ先物市場の本上場に対し認可しないことを決め公表した。生産者数や流通業者の数が依然伸び悩んでいることなどが不認可の理由としている。


【2】農水省のありえない手の平返し、背景に何があったか?
【3】市場拡大・将来性主張も通過儀礼の壁越えられず

FUTURES COLUMN

先物市場、明治から昭和初期までの動乱【上】

2024-07-10

1874年(明治7)10月13日の株式取引条例の中に、日本で初めて「取引所」という言葉が公に用いられた。徳川中期(1640~50年頃)から始まった…


コメ相場と格闘した八代将軍・吉宗【上】

2024-06-27

徳川時代、財政窮乏から米相場と格闘しながら幕府を維持しようと苦心惨憺した将軍がいた。八代将軍吉宗である。別名“倹約将軍”といわれ、また“米将軍”とも称された特異な存在であった。…


コメ相場と格闘した八代将軍・吉宗【下】