9月にCFD新商品、金融取2024年業務計画

2024-05-28

 東京金融取引所は23日。2024年度の業務計画を発表した。リテール事業においてはCFD「くりっく株365」を拡充し、9月には新商品として日経225マイクロを上場する。FX「くりっく365」では2025年1月に新商品ハンガリーフォリント、チェココルナ、中国オフショア人民元を追加する。このほかマーケットメイクの強化策やFXクリアリングの取引拡大に努める。
 また、取引システムに対しては将来の事業展開に必要な機能や性能の拡充とコスト削減の両立を追求し、2025年3月に次期システムの開発方法を決定する。業務計画の全容は以下 TFXからのお知らせへ。

関連記事:金融取57%減益で営業利益5.5億円 ドル円取引半減でFX全体も3割減

東京金融取引所 2024年度業務計画
(Futures Tribune 2024年5月28日発行・第3290号掲載)
先物業界関連ニュースに戻る